木に書く

地元の自治会館に、区長さんから頼まれ書きました。

やはり地元の材木やさんから銀杏の木を分けて頂きウレタンニスを塗り工芸漆で書きました。

刻字

刻字とは、文字通り木などに文字を刻むことです。文字自体を彫ったり、文字をうかして彫ったりいろいろなやり方があります。

こちらは、桂の木に陰刻・工芸漆塗りです


なじみの居酒屋さんです。

銀杏の木に菱彫りです。

揮毫から仕上げまで1日でできました

こちらは、1.2m×2.7m厚み12cmの大型です。新井屋は菱彫り、他は陰刻です

マスターが小さいころ習字ならっていたというのでその先生の戸井田先生に揮毫していただき、菱彫りで刻字しました.

古い農家の改築のときにでた、欅の古木を彫りました。

木が硬くて手がいたくなりました